見出し画像

大学による「就職支援」ビフォー・アフター|3分で知る!大学の今 #5


 社会や経済が急激に変化する中で、大学における教育研究のあり方も大きく変化しています。
 「3分で知る!大学の今」と題した本マガジンでは、評価を通じて多くの大学を見て来た大学基準協会職員が、変化する大学の「今」をわかりやすくお伝えしていきます。


「就職課」が「キャリアセンター」に変わったのはなぜ?

 大学院に進学する人などを除いて、多くの大学生は在学中に就職活動を行い、卒業後に社会に羽ばたいていきます。その際、学内で学生の進路選択や就職活動に関してさまざまな支援をしてくれるところが「キャリアセンター」です。1990年代ごろまで、就職を支援してくれるところは「就職課」などと呼ばれていましたが、現在では「キャリアセンター」「キャリア支援課」など、「キャリア」を冠しているところが多いようです。いつ、どういった目的で変わったのでしょうか?

 立命館大学のHPには、下記のように掲載されています。

 立命館大学は1999年に全国の大学に先駆けて就職部をキャリアセンターとして名称変更しましたが、それは就職のみならず、将来を見通してキャリアを築くべく学生生活を送ることが重要であるという認識に基づくものであります。

出典:立命館大学HP

 いわゆる「出口指導」=就職のあっせんではなく、大学卒業後も何十年と続く学生の生涯を意識した支援へと変わったわけですが、こうした動きは他大学にも広がっていきました。

 背景には、1990年代初め、バブルが崩壊し、大卒者の就職は「氷河期」と言われるほどまでに厳しくなったことが挙げられます。このような社会の変化を受けて、2000年前後より、大学では就職支援の充実が求められるようになり、就職支援のあり方も変わってきました。

就職支援のビフォー・アフター 

「キャリア教育」は大学の義務 

 現在、学生のキャリア支援を行うのは、「キャリアセンター」だけではありません。2011年4月に改正・施行された大学設置基準に、以下の条項が追加されました。

 大学は、当該大学及び学部等の教育上の目的に応じ、学生が卒業後自らの資質を向上させ、社会的及び職業的自立を図るために必要な能力を、教育課程の実施及び厚生補導*を通じて培うことができるよう、大学内の組織間の有機的な連携を図り、適切な体制を整えるものとする。

文部科学省「大学設置基準」(2011年4月施行) 

*厚生補導:学生の人間形成を図るために行われる正課外の諸活動における様々な指導,援助等であり,具体的には,課外教育活動,奨学援護,保健指導,職業指導等を含む。

 つまり、「学生が卒業後に自立して生きていくために必要な能力を、教育課程と厚生補導を通じて培うことができるよう、部署同士が連携し、体制を整えること」が大学に求められました。この設置基準の改正によって、キャリア教育が必須となり、各大学では単位を授与する「正課科目」として「キャリア科目」を開講するようになった訳です。

 「キャリア教育」とは、文部科学省「キャリア教育の推進に関する総合的調査研究協力者会議報告書」(2004年1月)において「児童生徒一人一人のキャリア発達を支援し,それぞれにふさわしいキャリアを形成していくために必要な意欲・態度や能力を育てる教育」と定義されていますが、「キャリア教育」という言葉が公の文書に初めて登場したのが1999年、以下の答申の中です。

初等中等教育と高等教育との接続の改善について(答申)https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chuuou/toushin/991201.htm

 学生の就職が厳しくなる中、キャリア支援の充実と合わせて、学生の職業観を育てるキャリア教育も同時期に進んでいったのです。

  また、最近よく使われる「キャリア」という言葉ですが、文部科学省のHPに、その語源や意味について述べた資料がありました。

「キャリア」の語源は、中世ラテン語の「車道」を起源とし、英語で、競馬場や競技場のコースやトラック(行路,足跡)を意味するものであった。そこから、人がたどる行路やその足跡、経歴、遍歴なども意味するようになった。しかし、20世紀後半の産業構造の新たな変革期を迎え,「キャリア」は,特定の職業や組織の中での働き方にとどまらず,広く「働くこととのかかわりを通しての個人の体験のつながりとしての生き様」 を指すようになった。

文部科学省 「キャリア教育とは何か」

 イマドキの学生は、キャリア教育・キャリア支援を受けつつ、「いかに働くか」「いかに生きるか」を4年間の学修、課外活動、就活などを通して模索します。自らの適性を見極め、長いスパンで今後のキャリアをデザインするのです。

むすびにかえて

 就職支援からキャリア支援へ、そしてキャリア教育の義務化という流れの中で、各大学では工夫を凝らしたさまざまな取組みが行われてきています。

 最近では、キャリア教育やキャリア支援の一環として「インターンシップ」(職業体験)を取り入れている大学が多くなりました。インターンシップは、学生にとって社会に踏み出す契機となり、職業観の醸成を促すなど、アルバイトとは違った経験となります。次回の「大学の特長、ココにあり!」では、大東文化大学における大学主導のインターンシップについての記事を掲載します。どうぞご期待ください。

総務部総務企画課 蔦美和子 串田藍子 井上陽子

参考文献:
・児美川 孝一郎「大学におけるキャリア教育を俯瞰する —比較の観点から 
 —」一般社団法人 日本私立大学連盟『大学時報』2023年5月号 第5号
 通巻410号、2023年。

・永作稔・三保紀裕(編)『大学におけるキャリア教育とは何か』ナカニシ 
 ヤ出版、2019年。

 

 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!